脱毛して水着を着こなしたい!

デリケートゾーンだけに専門家に任せるのがベター

 

セクシーな水着や下着を着こなすために、
デリケートゾーンのお手入れは、やはり必要ですね。

 

デリケートゾーンというだけあって、敏感な部分の脱毛処理には、
特に注意が必要になってきます。

 

全身脱毛の中でもデリケートゾーンの各部位には、
ビキニラインのVライン、肛門周りのOライン、性器と肛門までのIラインに分かれます。
特にOラインとIラインは、粘膜に近く、自己処理がとても難しい部位なので、
お金がかかってもエステサロンのプロに任せるのが正解です。

 

デリケートゾーンの脱毛は痛みと羞恥心との戦いになります。
いくらカウンセリングで「大丈夫です」と太鼓判を押されても、
人には見せたくない場所だから勇気がいりますよね。
でもそこは、専門家で、今までも何回も同じデリケートゾーンの施術をしていて、
エスティシャンも女性なのでちょっとは気がラクです。

 

皮膚科などの病院でもデリケートゾーンの脱毛はやっていますが、
ここまで気を遣ってくれるかは??ですね。
施術後は、衛生面に気をつけてアフターケアを怠らないようにしましょう。

 

 

 

Oラインの脱毛をもっと知りたい

 

Oラインの脱毛は、ズバリ肛門まわりの脱毛です。

 

はっきりいって肛門周りはとても敏感な場所ですし、
カミソリや電気シェーバでも処理しにくい場所です。
ちょっと間違えると大変なことになってしまうことは、想像できますよね。
傷などを付けてしまって感染症にかかってしまうのが一番心配です。
ちょっとお金がかかってもOラインに関しては、専門の技術者が必要です。

 

家庭用の脱毛器もありますが、見えにくい場所でもあるのであまり推奨はしていないようです。
だいたいVラインを脱毛するついでに一緒にOラインもという人が多いようです。

 

恥ずかしいのはいっしょですから、だったらついでにというわけです。
粘膜に近い部分でもあるので、自分で処理すると傷がついたり、
黒ずみの原因になるので注意が必要です。
デリケートな部分だけに技術の差は確かにあります。
痛さは個人によっていろいろ格差はありますが、
きちんとした国家試験合格したエステスタッフを揃えているところは安心です。

 

 

 

Iラインの脱毛をもっと知りたい

 

全身脱毛の中にIラインという部位がありますが、
モデルさんや水着でいろいろなアングルを撮影されるグラビアアイドル、
下着のモデルさんくらいしか関係ないかな〜と思っていたら、
意外とTバックや水着のムダ毛処理のために施術する人がけっこういます。
Iラインは、Vラインの延長上に生えている人がほとんどだと思います。
デリケートゾーンは他の脱毛エリアより皮膚が薄く、ちょっとした刺激にも敏感ですし、
繰り返し自己処理をしていると色素沈着や肌荒れ、赤いポツポツが出てしまします。

 

普段は人目につかない部分ですが、お手入れを怠っていると
生理の時にナフキンで蒸れてしまって、かゆみが出てしまう場合もあります。
なによりも自己処理には不向きな部位ですね。

 

痛みに関しては多少我慢しなくてはならないですね。
どんな感じかは人によります。「骨盤に響く感じ」とか「ちょっと手に汗握るかも」とか、
痛みも長く続くものというより、一瞬一瞬の「チクッ」とした痛みです。
毛質が太くて硬いのでどうしても痛みはありますが、麻酔クリームなどで和らげることも

 

 

 

デリケートゾーンのお手入れいろいろ

 

夏になると、水着を着る機会も多くなってきます。

 

そうなるとあわてて処理したくなるのがデリケートゾーンですよね。
デリケートゾーンは一般的にVゾーン、Iゾーン、Oゾーンに分けられます。
デリケートゾーンなだけに、脱毛テープは相当キツイ!
カミソリや電気シェーバーも、ちょっとでも伸びてくると
パンティーなどでこすれて、チクチクと痛い。
脱毛クリームは薬剤を使っているので心配。
繰り返して処理すると色素沈着も進むのでは…こんなに厄介な場所もありませんね。

 

処理したあとは、ローションはもちろん、冷やすことも肝心です。
その点、家庭用の脱毛器の中でもデリケートゾーン対応の機種は、
そんなジレンマを解消してくれるかもしれません。
ますは、デリケートゾーンにも安心できる機種を選びましょう。
そしてその取扱いにもしっかり従います。
特にレーザーの場合は、デリケートゾーンに多い毛質「黒い」「硬い」「太い」にとても
相性がいいといわれています。

 

 

 

デリケートゾーンの自己処理の注意点

 

デリケートゾ−ンのお手入れはどのようにしていますか?

 

最も多いのが、カミソリなどでの自己処理ではないでしょうか。
自己処理は自分が必要だと感じた時に自由にできるし、費用も安い。
でも自己処理の仕方を間違えてしますと肌のトラブルの原因にもなってしまいます。
カミソリ負けしたり、除毛剤でかゆみが出たとか、
そんなトラブルを経験したことはありませんか?

 

特に、デリケートゾーンの場合、その名が示す通り、下着で蒸れた汗をかきやすかったり、
気をつけていてもどうしても不衛生になりがちです。
そんなところでカミソリを使うと、傷口からバイ菌が入って
毛のうそうなどのトラブルになりかねません。

 

毛ヌキを使うと、皮膚に毛が埋もれてしまったり、色素が沈着してしまう恐れがあります。
カミソリの場合、肌の表面の産毛とともに角質までそぎ落としてしまうので、
肌荒れになってしまいます。
自己処理は、手軽で「その時」はいいのですが、アフターケアを怠ると、
どんなトラブルが待ち受けているかわかりません。
危険と隣り合わせだと考えてもいいでしょう。

 

 

 

デリケートゾーン自己処理のアフターケアについて

 

自分で脱毛処理をするする場合、特に脱毛したい場所や範囲、
手間、コストなどさまざまな理由で、脱毛方法を選ぶと思います。

 

特に、デリケートゾーンは、自分ではなかなか見えにくい部分ですし、
一番多く用いられているのがT字カミソリではないでしょうか。
その他にも、シェーバー、除毛剤、家庭用脱毛器など、方法がさまざまですが、
すべての脱毛方法に共通で忘れてはならないのが、処理したあとの「アフターケア」です。
いくら赤くなっていない!?とか、痛みがない!?といっても、
脱毛自体は相当お肌に負担を強いているということを忘れてはいけません。

 

とくに簡単に脱毛処理ができてしまうカミソリは、目に見えない傷が無数について、
そこから細菌が入ってしまい後から炎症を起こしてしまうケースもあります。
お手軽だからといって、毎日繰り返してしまうのも考えものです。その分お肌を守る角質も削られているということです。

 

家庭用脱毛器にしても、皮膚に熱がこもってしまうので、必ず処理したあとは、
冷たいタオルを当てたりして、クールダウンをしましょう。
処理後は保湿にも気を使わなくてはなりません。
お肌を守る角質が大きく損なわれているので、保湿クリームなどをたっぷり塗ってあげましょう。